障がい者が在宅勤務で安心して働くには?実践方法をプロが解説!【在宅訓練にも有効】

今回は、在宅勤務で安心して働くためのポイントをご紹介していきます。

在宅勤務で安心して働くには、まず環境を整えよう

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、テレワーク・リモートワークという働き方が感染防止対策として多くなりました。

これにより、出社せずに在宅で仕事をする人が増えた一方で、中には、在宅勤務ではどのようなことに気をつけるべきなのかと悩む方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、在宅勤務で安心して働くためのポイントと具体的な行動を紹介します。

在宅勤務で安心して働くためのポイント1つ目は、環境を整えることです。

まずは、自分が働くための環境を整えることが重要です。

睡眠や食事の時間など、これまでの生活と変えず、規則正しい生活リズムで過ごすようにしましょう。

在宅勤務をする際におろそかになりがちなのが、着替えです。

自分の気持ちのオンオフを切り替えるには、着替えることが効果的です。

もうひとつ、働く環境を整えるために必要なことは、自分が集中して仕事に取り組める場所を確保することです。

家の中で自分が集中して業務に取り組める場所を探してみましょう。

同居人に仕事の時間や仕事をする場所について理解してもらっておくと、さらに安心して在宅でも業務ができます。

そのため、在宅勤務について同居人に相談しておくことをオススメします。

MyMyチャンネルではLINE相談も受付中です!
MyMylink公式ライン

☆今回の記事は動画でも公開中!今すぐチェック☆

在宅勤務で安心して働くには?障がい者雇用現場の実践方法をプロが解説!【在宅訓練にも有効】

在宅勤務では、時間(スケジュール)を意識しよう

在宅勤務で安心して働くためのポイント2つ目は、時間を意識することです。

予定表にスケジュールをこまめに記入して、その日にやるべきことを明確にしましょう。

休憩時間の調整も、過集中や疲労防止のためには必要です。

休憩時間も予定表に記入しておくと、1日のスケジュールがよりわかりやすくなりますので、ぜひ取り入れてみてください。

在宅勤務では、職場勤務の時よりも報告・連絡・相談をこまめに行おう

在宅勤務で安心して働くポイント3つ目は、報告・連絡・相談(以下、報連相)をこまめに行うことです。

報連相は、職場勤務においても重要なことですが、在宅勤務においても非常に重要です。

タイムリーな報連相」、「定期的な報連相」どちらもこまめに行うことを意識しましょう。

こまめな報連相をすることで、業務を円滑に進めるだけではなく、自分や関係者の不安も解消することができます。

また、報連相をすることで、孤独感の解消にもつながります。

在宅勤務での孤独感からくる不安を解消するためには、こまめな報連相が効果的です。
心がけるようにしましょう。

まとめ

在宅勤務で安心して働くには、まず自分の環境を整えていきましょう。

生活リズムや業務に取り組む場所など、自分が集中して業務に取り組むための環境づくりを意識してください。

環境が作れたら、次は時間を意識しましょう。

予定表にスケジュールを細かく記入し、1日のやるべきことを明確にしておくと、余裕を持って働けます。

そして、在宅勤務の時は、職場勤務の時よりも、報告・連絡・相談をこまめに行いましょう。

こまめな報連相は、円滑に業務を進めるためだけではなく、自分や仕事関係者の業務の不安を解消、さらには、孤独感から来る不安の解消にも効果的です。

今回紹介したことを意識して行動すると、在宅勤務でも安心して働けるようになります。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

MyMyチャンネルではLINE相談も受付中です!
MyMylink公式ライン

今回の記事以外の動画もYouTube「MyMyチャンネル」で公開中。ぜひ登録してくださいね!

MyMyチャンネル|障がいのある方向けの就活ガイド公開中!